今のお庭の雰囲気を気に入っておられず、植栽でリガーデンすることを考えられてご来園頂きました。

時代ごとに外構や植栽の好まれる雰囲気は変わっていきます。かつてコニファーはレンガ造りの外構計画に多く用いられましたが、適切な樹高のものを用いてなかったり、剪定が適切にされていなかったりして、傾いたりしてしまっている家をよく見ます。今回は昔庭にたくさん使っていたコニファーが使わない方針で、涼しげな雰囲気が感じられる樹木を中心に選択させて頂きました。

同じ角度の完了写真です。門周りの設備や門扉など、一切変更してしませんが雰囲気ががらりと変わりました。

別の角度から。狭いスペースですが、線が細い樹木なので様々な種類を入れても混みごみしません。

足元も作りこみます。そっと石に添えるように・・・。

門を抜けた正面、アプローチ横のBEFOREです。ダイスギなどが植栽されていますが、足元も含めてなかなか荒れてしまっています。

すっきりさせてやると美しい青石がでてきました。庭にあるものは是非使いましょう。

別の角度から。足元も楽しく植栽しました。森の中を歩いているイメージに仕上げていきます。

アプローチ部分も長い年月で低木がはびこってしまっている状態でした。

すっきりした樹形のものに・・・。今は少し寂しいですが、もう少し茂ってくると程よい緑量を保ってくれます。

大掛かりに、建物を外壁をやり替えたり、外構をフルリフォームしなくても、植栽だけで家の雰囲気をがらりと変えてしまうことができます。是非、リフォームの一つの形としてお考えいただければと思います。

施工例一覧に戻る