新築を建てられ、お庭を徐々に作り上げていく中で、弊社のHPを見て頂き、ご来園下さいました。

お客様は大変DIYが得意でいらっしゃり、芝貼り等もご自分でされ、主庭はほぼ完ぺきに芝が根付いている状態でした。ですがなかなか法面であったり、家の陰になる部分の芝が根付かず、お悩みになられていらっしゃいました。

ご提案のCGです。(左イメージ)法面部分は、花壇などで段々にしてしまうと大変人工的な構造物になってしまいます。今回左半分のコンクリートの階段が、ある程度時間が経過して良い風合いを出していたので、それにも馴染むように自然石積のご提案にさせて頂きました。また(右上イメージ)の様に、ご主人様がウッドデッキを計画されていた部分がFIX窓であったため、庭の休憩所としてウッドデッキの手前に花壇を作り、家の中から間近で緑を楽しんでいただけるようにご提案いたしました。

完成写真です。その先に続く、和モダンの庭につながっても違和感がなく、右側の洋風の芝庭につながっても違和感の無いよう、茶色の自然石の石積みにしました。整形的ではなく、自然の岩場の様に荒積みし、間から植栽が顔を出すようにしています。

玄関のFIX窓からです。写真の砂利が四角く敷いてある部分に、ご主人様がDIYでウッドデッキを製作される予定です。

リビングから。奥のフェンス部分も、取り囲むように植栽をされる予定です。手前のデッキ、奥の植栽が完成すると、家からの風景はますます素晴らしいものになるに違いがありません。

FIX窓前の花壇はデッキに隠れる部分は普通ブロック、見える部分は化粧ブロックにして、無駄なご予算を頂かないように工夫させて頂いております。

アプローチリズムよくカーブし、直線的にしないように心がけております。植栽により柔らかく隠すことで、人々に「奥への期待感」を与えます。

こちらのお庭では地盤が非常に硬く、ソヨゴなどの特に水分が多すぎると駄目な植栽に関しては、鉢の下に浸透層を作って排水する処置を施しています。植物の弱る原因の判別は非常に難しいのですが、一つ一つ可能性を潰すことが大切だと思います。

また、今回のケースではお客様がDIYでされる予定の部分もあり、寸法などの打合せを細かくさせて頂きました。こういった部分的な工事のご依頼も、是非是非お気軽にご相談いただければと思います。

施工例一覧に戻る