お庭のリガーデンをご検討され、ご来園頂きました。

左上の主庭は・雑草や芝生で荒れた状態になってしまっていました。また、アプローチ横にフラワーボックスもありますが、どういう雰囲気にすればいいか、イメージが難しいとのことでした。そして玄関扉を開けたところに大きなFIX窓があり、三方向から中庭を見れるような建物になっていますが、なかなか一本の木がひょろ長く伸びているだけで、ここもどうにかしたいとのご相談でした。

さて、上の様に出来上がりました。左側写真は中庭を廊下側正面の窓からのぞいたところです。廊下を歩く際に見える窓なのでここも重要な視線です。アオダモ・アブラドウダン・ハクサンボクの大中小で構成しています。アオダモの樹皮が美しいです。

2階の渡り廊下の窓からもアオダモの葉を見ることができました。上から見る庭も美しく楽しめます。苔は今回、日が当たりにくい場所ですので、カモジゴケという暗い森の樹木の足元に生えている苔を使用しています。

主庭も生まれ変わりました。茶色い砂利を敷いている部分は下に雑草抑制シートを敷き、管理のわずらわしさからも解放されました。

フラワーボックスはオリーブを中心にラベンダーやシルバーリーフで柔らかく仕上げています。今回も楽しく植栽させて頂きました。ありがとうございました。

施工例一覧に戻る